④各お寺の紹介 壽福寺


850.『唯信鈔』、『唯信鈔文意』を読む(80):疑問への回答(2) ()
  前回に引き続き、聖覚法印が記された『唯信鈔』の言葉です。前回の部分で、法印は臨終のときに称える念仏が平生に称えるものより優れているのではないか、という問いに対して、それは間違いであるとされました。それに続けて次のように記されます。 これをおもふに、病おもく、いのちせまりて、身にあやぶみあるときには、信心おのづからおこりやすきなり。まのあたり世の人のならひをみるに、その身おだしきときは、医師(く
>> 続きを読む

849.『唯信鈔』、『唯信鈔文意』を読む(79):疑問への回答(1) ()
   再び聖覚法印の『唯信鈔』に帰ってきました。今回以降、聖覚法印が『唯信鈔』に記された文だけになります。  親鸞聖人が『唯信鈔文意』で記された文は、聖覚法印が『唯信鈔』で取り上げられた「漢文の言葉(経文)」について私たちにわかりやすく説かれたものです。 今回以降の部分では、聖覚法印は念仏の教えに対して提起される4つの疑問を取り上げて、それについてご自身の考えを述べておられます。その中では、法印は
>> 続きを読む

848.第1回法中会を開催しました ()
  5月12日、今年度第1回の宇部北組法中会(ほっちゅうかい:組内の住職の会合です)を開催しました。 当日は次のような内容について、検討、情報交換を行いました。1.今年度初組会(はつそかい)の実施要領 組会は、宇部北組の各寺院の僧侶、門徒各1名が参加する組内の決議機関で、年度の初めに開催する組会を初組会と呼んでいます。今年度は、概略次の要領で開催することになりました。 ・日時 5月26日(木)
>> 続きを読む


壽福寺

 

住所:〒757-0213

   宇部市大字奥万倉1637番地

電話:0836-67-2082

 ブログ:寿福寺だより