【報告】2017年4月5日(水)「花まつり」を開催

【少年連盟のキャラクターの「プトリ」と「プトラ」もお出迎え】
【少年連盟のキャラクターの「プトリ」と「プトラ」もお出迎え】

2017(平成29)年4月5日(水)13時30分〜16時まで、吉部の浄誓寺にて、宇部北組「花まつり」が開催されました。

 

宇部北組は例年、仏教子供大会(キッズサンガ)を行ってきましたが、この度は仏教婦人会との合同行事、そして宇部北組全体の行事として「花まつり」を企画しました。

 

「御同朋の社会をめざす運動」(実践運動)の一環としての具体的な活動でもあります。

【合掌の練習中です。大人もちゃんとは知らないかも。】
【合掌の練習中です。大人もちゃんとは知らないかも。】

初めて、お寺にお参りする子も一から作法を習います。

 

みんなで合掌して、おつとめ(読経)します。

 

お寺に子供達の大きな声が響きました。昔はよくあった事でしょう。

 

少子高齢化の今では、珍しい事になってしまいました。

【子供たちもみんな、お話を聞いてくれています。】
【子供たちもみんな、お話を聞いてくれています。】

毎回、仏教子供会では法話を聞いてもらいます。

 

子供にも伝わるように、やさしい例え話を交えて、お話します。話をする僧侶にとっても、分かりやすく話をするのは難しい事です。子供たちに育ててもらっています。

 

今回は、仏教婦人会の方々も一緒に聞いてもらいました。

【お釈迦さまに甘露の雨を降らせます。】
【お釈迦さまに甘露の雨を降らせます。】

「花まつり」はお釈迦様の誕生日をお祝いする行事です。お釈迦様が誕生して、仏教を明らかにしてくださったから、私たちは仏様、阿弥陀様に出遇うことが出来ました。

 

お釈迦様が誕生されたときには、空から甘露の雨が降り、お花が咲き誇ったといわれています。

 

甘露の雨を甘茶で、周りのお花で、お釈迦様の誕生をお祝いします。今回は子供だけでなく、仏教婦人会の大人の方にも参加してもらいました。

【ショーは結構、本格的です。】
【ショーは結構、本格的です。】

そして、当日の目玉、「ジッセンジャー」の登場です。ただのヒーローショーではありません。阿弥陀様が登場するのです。

 

龍谷大学の大学院の実践真宗学研究科の学生の皆さんによる、新しい形での伝道です。

 

ちゃんと、最後にはご法話もしてくださいました。

【餅まきならぬ、菓子まきでフィナーレ】
【餅まきならぬ、菓子まきでフィナーレ】

最後は、みんなで菓子まきをしました。山口県といえば、みんな大好き餅まきの変則バージョンです。これが一番、盛り上がるなんて話もありますね。

 

ジッセンジャーやお坊さんや役員の皆さんから、お菓子がまかれました。

 

楽しい行事になったでしょうか?

 

 

【ちょっと斜めに撮れてしまったのはご愛嬌】
【ちょっと斜めに撮れてしまったのはご愛嬌】

最後に集合写真を撮りました。

 

いつもの仏教子供大会から、少しボリュームアップした今回の「花まつり」。参加した皆さんはいかがでしたでしょうか。

 

今回の反省点を踏まえて、次回以降より良い行事に育てていけたらと思います。地域にとっても、仏教を伝えるお寺にとっても、皆さんにとって良い活動にしていきます。

 

 

(この記事は2017(平成29)年4月9日(日)に更新しました。文責:萬福寺住職)