13日 6月 2021
 仏教は、布施を行うことを説きます。相手の身になって他に施しをする。お金や物を与える。 仏様の教えを説く。困っている人を助ける。等々、、、布施の行いは、無限に広がっていきます。  「まず笑顔 私にできる 布施の行い」...
【案内】花フェス2021中止のお詫び
17日 3月 2021
花フェス2021を中止いたします。

新型コロナウイルス感染で、海外では都市のロックダウンや外出禁止などの強力な対策が行われたにもかかわらず、感染が拡大しました。一方、日本では外出「自粛」や休業・時短「要請」という対策で、爆発的な感染拡大を抑えることができているようです。これは、私たち日本人が「皆で力を合わせて」「自分勝手な行動をしない」「人に迷惑をかけない」という「自制」のきいた行動を自然にとれるからだとされています。  しかし一方で、感染者に対するいわれのない追及、非難や、医療関係者やその家族に対する差別的な言動が伝えられ、「自粛警察」「マスク警察」と呼ばれる「自制」を受け入れない人に対する非難行動も報道されています。日本ではこのような行動の多くが匿名で行われていて、これは海外では見られないことなのだそうです。  私たちは、意識しないままに、自分中心にものを考え、人を差別し攻撃するという行動をとってしまいます。しかもその行動傾向は、コロナウイルス感染のような見通しのたてられない困難な状況の中では、増幅され激しくなるのだと言います。少数の人をターゲットにして差別非難する、「不正を正す」と称して攻撃する、などの行動です。 今回のコロナウイルス感染の中で、私たちが目指す「自他ともに心豊かに生きることのできる社会」の姿をもう一度とらえなおし、自身の行動を見直したいと思います。 (この記事は2021(令和3)年2月28日(日)に更新しました。文責は壽福寺住職。)
慈悲のはたらき · 31日 1月 2021
慈悲のはたらき 私事ですが二月に結婚一周年を迎えます。一般家庭で育った妻にとってお寺に関する全てが分からない事であり、浄土真宗のみ教えも含め多くの質問が私に投げかけられます。その都度二人で答えを考えるわけですが、そんなひと時や一緒にお勤めをする時間を通して、共に同じ道を歩んでいるという実感がしてうれしく思われるときがあります。...
27日 12月 2020
 令和2年という年は、まさに”新型コロナウィルス感染”の情報から片時も目を離せない辛い一年になりました。外出には必ずマスクを着用し、手洗いを怠らず三密を避けるという生活スタイルにも慣れてきたといはいえ、いつまで続くのかという不安も拭えません。寺院での法要行事も”三密にならないように”を何より優先し、クラスター発生の原因を作らない為にと、行事の中止を余儀なくされた時期もありました。  また、各ご門徒のお宅での年回忌法要も、同様に、従来の形式から大きく変化しました。法事のご案内を受けてお参りされたご親戚の方々と、法要の後でご一緒に、亡くなられた方を偲びながら語り合ってお斎をいただく席も、当然、変えられていきました。  しかしながらその一方、寺のほうに来られて、ご法事を希望されるお宅が増えました。お寺なら広くて換気を気遣う事なく、安心して皆が集まることができるというそんな考えからでしょうか?そのお宅のお仏壇に納められている過去帳は、本堂のご本尊の前卓にご安置されて、読経、そしてお焼香。幼児から高齢者に至るまで、県内に住んでおられるご親戚の方々が多い時には、一度に十数人、夏から秋にかけて、寺で何組もお受けしました。  核家族の家庭が普通になった昨今、幼い孫を伴って、寺に参ってこられる年配者の方々は皆無となりました。ところが、コロナ禍の厳しい状況の中で、偶然、甦った昔のままの懐かしい風景がそこにはありました。縁側に出て走り回る可愛いお客様達に、接待用にと出しておいたクッキー・おかき・駄菓子を紙袋一杯に詰めて渡しながら、「また今度、きっと一緒にお寺にいらっしゃいネッ、待ってるョ!!」。  それも仏教、これも仏縁、何事も仏縁と、如来様とご先祖の方々のお導きに、感謝とお礼のお念仏が口を突いて出て下さるのも嬉しい事です。 (この記事は2020(令和2)年12月27日(日)に更新しました。文責は浄誓寺住職。)
30日 11月 2020
宇部市北部の吉部地区には、吉光閣という納骨堂があります。 昭和50年代初めの頃に「山の中のお墓は管理が大変でお参りしにくい」、「たくさんあるお墓を集めて累代墓にしたいが、いいところはないか」などの声から、有志が発起人となり建設委員会が発足し、協議・設計・規約の制定・資金集めなどを経て、建設至りました。...
19日 10月 2020
【報告】「アクトビレッジおのボッチャ体験会」        2020(令和2)年10月3日(土)若僧会研修会 2020年(令和2年)10月3日(土),若総会にてアクトビレッジおのでボッチャ体験の研修会をおこないました。 ボッチャは、ヨーロッパで生まれた重度脳性麻痺者もしくは同程度の四肢重度機能障がい者のために考案されたスポーツで、パラリンピックの正式種目です。...
01日 8月 2020
お盆に盆提灯は必ずしも必要ではありません。亡き方はお盆の時期だけ、現れるのではなく、仏となって、いつでもどこでもご一緒です。

01日 7月 2020
浄土真宗本願寺派のホームページがリニューアルされました。以前より整理され、教え入門やQAなどのページも充実しました。ぜひご覧ください。

01日 6月 2020
新型コロナウイルス感染拡大防止のため、諸行事が中止されています。 一方で、留意事項のもと、例年より縮小する形で実施するものもあります。 ご縁の中で出来る事を。

さらに表示する