【報告】花フェス2019を300人が楽しみました

お寺が主催する地域に開かれたイベントとして、花フェス2019(はなまつり)を開催し、300人前後の方々が参加し、楽しみました。

 

2019(平成31)年4月13日(土)10:00〜15:00、アクトビレッジおの(宇部市小野)にて、お釈迦さまの誕生日を祝うイベントとして、開催しました。去年は、子どもを中心としたイベントでした。今年は、子どもからお年寄りまで、門徒に限らず、開かれたイベントとして開催しました。おかげさまで、スタッフ80人、お客さんは200人以上の方に参加していただき、盛大なイベントとなりました。

 

まずは、10:00〜開会式。御本尊の阿弥陀仏の前で、勤行(読経)と法話。お釈迦さまが説かれた阿弥陀仏を讃え、また、いのちの話を皆さんと聞きました。そして、お釈迦さまの誕生のときに、お祝いされ降り注いだ甘露の雨を模した甘茶かけをしてもらいました。

続いて、10:30〜14:30までは各コーナーが展開され、お客さんは自由にまわってもらうスタイルです。

 

本尊横のパネルコーナーでは、宇部北組の紹介や、「御同朋の社会をめざす運動」で取り組んでいる「貧困と子ども」「部落差別」の問題についても見てもらいました。

 

子どもコーナーでは、白象に絵を描いて飾りつけ。白象はお釈迦さまを母のマーヤ夫人のお腹に運んで、お釈迦さまが誕生したというお話に由来しています。また、スーパーボールすくいや、輪投げなどで楽しんでもらいました。

 

また、フリーマーケットを6店舗設置。お寺の家族や門徒さんが出店してくれました。手作りお菓子や生活用品、ポストカードや着物の古布のアクセサリーなど色々ありましたね。

お昼には、カレーライスを無料で配布しました。カレーは精進カレーとお肉ありのカレーを両方を用意しました。また、ポップコーンやフランクフルトも無料で提供しました。当時は晴天のなか、外で皆さんゆったりとおいしくいただきました。

ステージでは、午前中にはギター演奏、午後からは独唱、フルート、コーラスと盛りだくさん。

お寺が主催のイベントなので、お寺らしさもお忘れなく。仏教体験として、写経してオリジナル経本づくり、自分好みの腕輪念珠づくり、入棺体験できる葬儀コーナーを設けました。いづれも盛況でした。

最後は、14:30から、子どもたちが飾りつけた白像にお釈迦様を乗せて、パレード。閉会式を行ってから、山口県民みんな大好きな「もちまき」をしてフィナーレ。

スタッフの皆さん、来場してくださったお客さんのおかげで、仏教に触れ、地域の人々が触れ合える良いご縁となりました。