【案内】公開講座「SDGsと人権問題」にご参加ください

このたび、宇部北組では公開講座を企画しました。ご門徒に限らず、どなたでも、ぜひご参加ください。

 

公開講座(同朋運動研修会)

「SDGsと人権問題」

 

日時:2019(令和元)年10月14日(月・祝)13:30〜15:45

 

会場:楠総合センター(宇部市船木野田442-11)

 

駐車場:70台程度(出来れば乗り合わせておいでください)

 

主催:浄土真宗本願寺派 山口教区 宇部北組

 

内容:講演・パネルディスカッション

 

参加費無料・申込不要

 SDGs(エスディージーズ)とは、Sustainable Development Goals(持可能な開発目標)の略であり、2015年に国連で採択され、20162030年に取り組むべき多様な課題についての目標です。それらは、「誰一人取り残さないーNo one will be left behindの理念のもと、貧困・飢餓・不平等・環境などの社会問題に具体的に取り組む活動です。

 

 では、なぜ宇部北組(仏教の浄土真宗の寺院の集まり)がこの度、このような公開講座を開くことになったのか。それは、浄土真宗のみ教えには、阿弥陀如来は苦悩する人々を「誰一人もらさず」すくうとあるからです。浄土真宗本願寺派(西本願寺)でも、教団としてSDGsに関わり始めています。また、教団には、部落差別の人権問題の解消に向けて、同朋運動として活動してきた歴史もあります。

 

 そして、ここ宇部市は、内閣府のSDGs未来都市に選定され、宇部SDGs推進センターも設置され、活動されています。

 

 SDGs、仏教、宇部、これらの交流から、これからの私たちの社会について、皆様とご一緒に考える場にしたく思います。ご門徒に限らず、どなたでもお誘い合わせの上、ご参加ください。